SNSでシェア

 

学生サポート制度

「豊かな人間性と発想力を兼ね備えた 医療のプロフェッショナルの育成」
そのために富士リハは学びたい学生を全力でサポートします!

遠隔地サポート制度
(通学費補助)対象:令和3年度までの入学生対象:
令和3年度までの入学生

※入学後に手続きを行います。
※対象者はJR、または東名バスの公共交通機関を利用する者に限ります。車輌通学者は対象にはなりません。

※「作業療法学科 遠隔地サポート制度」との併用はできません。

スカラシップチャレンジ対象:新入学生

「スカラシップ・チャレンジ」は、学力・人物ともに優秀な方に対してスカラシップ(特別給付金)を入学時に支給するための選抜制度です。

1.【C日程】のみの実施です。

2.スカラシップ選考に漏れても、一般選抜の合格となる場合があります。

3.A日程・B日程 で既に合格している方もチャレンジ受験が可能です。
 ・再度C日程で出願書類を提出していただく必要があります。
 ・チャレンジ受験は選抜検定料免除です。
 ・スカラシップ選考に漏れても、A日程・B日程の合格は取り消されません。

4.他の区分と併用受験が可能です。
 ・例)高校からのC日程の推薦を受けられるが、スカラシップにもチャレンジしたい。
  ⇒入学願書の「□公募推薦」「□スカラシップ・チャレンジ」両方にチェックする。公募推薦に必要な書類を添えて出願。スカラシップ・チャレンジの内容で受験。スカラシップの選考に漏れても公募推薦で合格する場合があります。
 ・例)C日程の社会人特別で受験するつもりだが、スカラシップにもチャレンジしたい。
  ⇒入学願書の「□社会人特別」「□スカラシップ」両方にチェックする。社会人特別に必要な書類を添えて出願。スカラシップ・チャレンジの内容で受験。スカラシップ・チャレンジの選考に漏れても社会人特別で合格する場合があります。

5.通学費補助制度(遠隔地サポート制度/月額3000円)の併用が可能です。入学金優待制度との併用はできません。

種類 給付金額
スカラシップ S  65万円(入学金、施設設備費、実習費 に相当する額)
スカラシップ A  45万円(入学金、施設設備費 に相当する額)
スカラシップ B  25万円(入学金 に相当する額)

※入学者選抜でのスカラシップは、入学時のみの給付となります。

※入学手続き期間に入学時納付金を納めていただき、その後の手続により特別給付金が給付されます。

成績優秀者スカラシップ対象:在校生 2,3,4年生

1年次、2年次または3年次の学業成績が優秀、かつ人物に優れた学生を、2年、3年または4年進級時に表彰し、副賞としてスカラシップ(特別給付金)を給付します。

学業優秀者に対する特待生制度
目的

学内行事への協力、他の学生の模範となり、学業その他でリーダーシップを発揮することを期待します。

資格
  • 年間の学業成績が優秀であること
  • 出席状況が良好であること
  • 人格が優れていること
  • 心身ともに健康であること
特典
  • 最長で3年間優遇!!
表彰 摘要
最優秀賞 上限50万円
優秀賞 上限25万円
奨励賞 上限10万円

臨床実習 
宿泊補助対象:在校生

・臨床実習において、実習地が遠方で宿泊が必要な場合、宿泊に関わる費用は学校で負担します。

・宿泊の手配・宿泊費(家賃):学校で手配し、学校で負担します。

・実習地までの交通費、光熱費、食費 等:学生負担です。

入学時納付金分割制度対象:新入学生

学びたい意欲を諦めないでください。 本校には入学費用で悩んでいる方を応援する制度があります。

入学時納付金サポート制度

入試担当 堀池 入試担当 堀池

試験前に入試担当 堀池まで
まずはお気軽にご相談ください

入学時納付金優待制度
(家族優待制度)対象:新入学生

入学時納付金250,000円が
免除になります!!

本校卒業生または在学生の家族が理学療法士・作業療法士の資格を目指し本校に入学する際、入学納付金のうち、入学時納付金25万円を免除する制度です。

※この制度は入学を保証するものではありません。

入学時納付金優待制度の手順

◎この制度を希望する際は願書と一緒に入学時納付金優待制度申請書と 家族を確認できる公的証明書(原本)を同封して出願して下さい。

入学時納付金優待制度申請書
  (兄弟姉妹同時入学用含む)

高等教育の就学支援新制度

大学等修学支援法に基づく機関要件の確認申請

国は、令和2年4月から授業料・入学金の免除または減額と、返還を要しない給付型奨学金の大幅拡充の方針を決めました。本校は県・国の審査を受け、この制度の対象校として認可されています。

 

◆支援内容
  1. 授業料等の減免(授業料と入学金を免除または減額)
  2. 給付型奨学金(返還不要の奨学金)
  3. の2つの支援が受けられます。
◆支援対象になる学生
  1. 住民税非課税世帯、およびそれに準ずる世帯の学生
  2. 学ぶ意欲のある学生
************************************

①授業料等の免除・減額の上限額(年額)(私学専門学校の場合)

区分 第Ⅰ 第Ⅱ 第Ⅲ
入学金 160,000円 106,700円 53,400円
授業料 590,000円 393,400円 196,700円

*2年次以降から支援を受ける人は「入学金」の免除・減免は受けられません。


②給付型奨学金の上限支給額(年額)(私学専門学校の場合)

区分 第Ⅰ 第Ⅱ 第Ⅲ
自宅通学 459,600円 307,200円 153,600円
自宅外通学 909,600円 607,200円 303,600円

*支援の区分(第Ⅰ~第Ⅲ区分)は世帯構成や年収などで異なり、それらに応じて支援額がきまります。

◆最新情報や詳細な情報は下記ウェブページより、ご確認ください。

奨学金・教育ローンなど

日本学生支援機構(JASSO)

本校は、日本学生支援機構(JASSO)の認可校のため、日本学生支援機構奨学金の貸与を受けることが可能です。

◆第一種奨学金(無利息)
◆第二種奨学金(利息付)
  • 年利上限3%、在学中は無利息

※入学後、本校にて希望者を募り、説明会を行います。まや高校3年在学時に予約ができます。詳細は各高等学校に確認して下さい。

※独立行政法人日本学生支援機構:奨学金貸与事業、留学生交流事業、学生生活調査等の事業などの学生支援事業を総合的に実施する文部科学省所管の独立行政法人。

また、日本学生支援機構ホームページをご参照下さい

日本学生機構ホームページへ

地方公共団体及び民間育英団体の奨学金

地方自治体(都道府県・市区町村)、その他の民間育英団体の奨学金は、各種あります。特に、地方自治体は、学生の出身地に限定していますので、出身地の地区町村にお問い合わせください。

国の教育ローン

入学時納付金や授業料、教科書代、アパートの敷金、家賃など入学時や在学中に必要となる資金を融資する公的制度として、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」があります。融資金額は、学生・生徒お一人につき350万円以内、返済期間は15年以内(在学中の元金据置きが可能)です。

高等技能訓練促進事業

母子家庭の母や父子家庭の父が、自主的に行う職業能力開発を支援し、自立の促進を図ることを目的とした事業です。出身地の市区町村にお問い合わせください。

提携教育ローン制度

本校は、信販会社と提携し、学費納入の際に利用できる教育ローン制度を導入しております。
これは、学費を信販会社が立替えて本校に納入し、保護者様から信販会社へ返済していただく制度です。 詳しくは各社サイトよりご確認ください。

●株式会社 オリエントコーポレーション
http://www.orico.tv/gakuhi/
【学費サポートデスク】0120-517-325
●株式会社 ジャックス

http://www.jaccs.co.jp/yuyud/
【コンシュマーデスク】0120-338-817

pagetop