富士リハビリテーション専門学校

理学療法学科




学科長 宮下正好

 理学療法士とは、患者様の明日をつくる仕事です。
 医師は、病気や怪我から患者様の生命を救います。しかし、後遺症が残った時、患者様は明日から障害と向き合って生きていくことを余儀なくされます。
 そんな時、理学療法士は患者様とともに障害を克服し、患者様の明日をつくる手助けをします。 主に 立つ・歩く など人間として基本的な能力の回復を促進し、家庭や仕事、学校やスポーツへの復帰を目指します。

 本校理学療法学科では、 患者様の明日を、患者様と共に、同じ目線で、そっと隣りで作っていけるそんな理学療法士を養成したいと考えています。 その為に、患者様を導ける確かな知識と優れた技術、そして何より信頼される医療人としての振る舞いを身につけていきます。

教務部長 宮下正好