アスレティックトレーナー学科

アスレティックトレーナー学科

{ Athletic Trainer COURSE }

プロスポーツチームと提携しているHMCだからこそ、「医療+スポーツ」でアスリートを成功に導くトレーナーに

2020年には東京オリンピックが開催され、今後ますます活躍が期待されるアスレティックトレーナー。国内ではプロからアマチュアまで、スポーツに携わる人口が増え続けています。「医療とスポーツ」の両方を学ぶことで、アスリートの高い要求に応えることができ、チームから認められる存在になります。

Data学科情報

修業年限 2年
定員 夜間:30名
目指す資格 (公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー
求人倍率 2.2倍
活躍可能なフィールド
スポーツ分野:
プロ・日本代表・社会人クラブなどのチーム専属トレーナー、トップアスリートの専属トレーナー、地域スポーツチームのトレーナー、スポーツクラブ・ジムなどの指導員
医療分野:
病院、クリニック、リハビリ施設
教育分野・産業分野:
幼稚園・ 小・中・高校での指導、企業内での健康増進指導

Achievements資格合格率

理論・客観式試験(1次)
合格率

83.3%
2013年〜2015年度
新卒合格率
2014年度
全国平均 21.4%

実技試験(2次)
合格率

86.6%
2013年〜2015年度
新卒合格率
2014年度
全国平均 75.4%

Points3つのポイント

  1. 高い合格率

    全国平均20%台の中、高い合格率!教員と学生の信頼関係を高め二人三脚で合格を目指す

  2. 実践授業

    プロスポーツクラブと提携。「実践授業」で即戦力を養う

  3. ダブルスクール制度

    ダブルスクール制度を活用し、医療資格を持ったアスレティックトレーナーに

アスレティックトレーナー

What is “AT” ?

アスレティックトレーナーAthletic Trainer

(公財)日本体育協会が公認するアスレティックトレーナーの資格は、国内に数多くあるトレーナー資格の中で、最も権威のある資格です。プロからアマチュアまで、国内ではスポーツに携わる人口が増え続けています。安全性の確保と能力向上の両立は重要な課題であり、トレーニング・コンディショニング・応急処置・リハビリテーションなどの専門知識と技術を兼ね備えたアスレティックトレーナーは、こうしたニーズに応えられる高いレベルの有資格者として、様々なシーンで大きな期待を寄せられています。

〈トレーナーの役割〉

外傷・障害の予防、健康管理、トレーニング指導、スポーツ現場での応急処置、アスレティックリハビリテーション、コンディショニング、評価と測定

〈その他取得できる資格〉

◆健康運動実践指導者(財)健康・体力づくり事業財団認定
◆JATI 日本トレーニング指導者協会認定
◆スポーツプログラマー(公財)日本体育協会認定
◆スポーツリーダー (公財)日本体育協会認定

MethodHMC教育メソッド

HMC教育メソッド
  1. 1年次

    基礎知識・技術を学ぶ

    スポーツやコーチング論などトレーナーに必要な基礎知識や、解剖学などの基礎医学などを学ぶことで、アスレティックトレーナーとしての基礎を築きます。

  2. 2年次

    応用力を身に着ける

    プロスポーツクラブなど、実際の現場で実習を積みながら、実践的な知識・技術・現場対応力を修得します。

Curriculumカリキュラム

専門基礎科目

スポーツ社会学/スポーツ医学Ⅰ/コーチング論/スポーツ栄養学Ⅰ/発育発達論/スポーツ心理学Ⅰ/競技者育成論/スポーツ経営学/トレーニング科学Ⅰ

専門科目

アスレティックトレーナー概論/解剖学/スポーツ医学Ⅱ/測定と評価/コンディショニング/アスレティックリハビリテーション/救急処置/トレーナー現場実習/トレーニング科学Ⅱ/フィットネスエクササイズ/バイオメカニクス/スポーツプログラミング論/スポーツ生理学/体力測定法/スポーツ心理学Ⅱ/健康管理概論とスポーツ相談/スポーツ栄養学Ⅱ/総合講座

※カリキュラムの内容は変更される可能性があります。

Support学習サポート

「専任教員」による伝統の知識と最先端の技術を習得

HMC ProgramHMC独自の実践的プログラム

プロスポーツチームと提携したカリキュラム

「プロスポーツチーム」と提携しているHMCには、プロスポーツの現場でトレーナーの活躍を見学したり、トレーナーから直接指導を受けたりできる授業があります。スポーツ現場の最前線で活躍するトレーナーから、教科書では分からないアスリートを支える仕事を体感しながら知識と技術を学ぶことができます。

プロスポーツチームと提携したカリキュラム

プロの現場を体験できる「現場実習」

アスレティックトレーナー学科は、即戦力となるトレーナーの育成を目指し、実践的なカリキュラムを重視しています。特に、1年次の9月から始まる現場実習は大きな特長の1つです。毎週金曜日にスポーツチームを訪問し、教員の指導を受けながらテーピング、アイシング、ストレッチから、実際に怪我をした選手のアスレティックリハビリテーションやケアなどをおこないます。

現場実習

Voice卒業生の声