附属臨床施設

附属臨床施設

プロスポーツ選手も来院する
充実の附属臨床施設

HMCの附属臨床施設は、広さ200平米の敷地に、ベッド数10、コンディショニングルームや最新の医療設備を備えており、地域医療を支える接骨院・鍼灸院として一般の患者様からプロスポーツ選手まで多くの患者様に支持されています。また、臨床実習を通して学生の技術力と人間性を高める場としても活用されています。卒業後、即戦力として活躍するためには、高い臨床力と豊かな人間性がかかせません。附属臨床施設でおこなう臨床実習では、座学だけでは学べない臨床力や患者様とのコミュニケーションの取り方などを実際に肌で感じながら学べます。さらに、附属臨床施設で働くスタッフは、全員HMCの卒業生です。施術の指導を受けるだけでなく、卒業後の進路など気軽に相談できます。

附属臨床施設の3つのポイント

臨床実習で即戦力になる医療人を目指す

臨床実習で即戦力になる医療人を目指す

当施設には、一般の方からプロのスポーツ選手まで様々な方が来院され、通常の施術からトレーニング、リハビリなどをおこなっています。一人ひとり症状やその原因が違うため、個々に適した対応が求められます。臨機応変に対応できる力を身につけるための臨床実習を実施しています。臨床実習を通してあらゆるケースに日々向き合い、個々のエビデンスを高めながら即戦力となる医療人を目指せます。

充実した施設で学ぶ測定・評価法

充実した施設で学ぶ測定・評価法

施術を始める前に、体の状態を適切に評価する必要があります。当施設は、プロのスポーツ選手をみる機会が多く、体の状態を正確に把握するために最新の設備を使った測定と評価をおこなっています。測定評価データは、施術プランやトレーニングプランを立てるために大切な情報です。これは、アスリートだけではなく一般の患者様にも言えることです。HMCでは、学科の垣根を超えて最新の測定・評価方法を学び、適切な施術プランやトレーニングプランを立てる力を養えます。これは、設備の充実した当施設だからこそできる臨床実習です。

先輩スタッフの後ろ姿から学ぶ人間性

先輩スタッフの後ろ姿から学ぶ人間性

患者様やプロのスポーツ選手に信頼されるためには、技術だけではなく人としてどのように接するかが肝心です。附属臨床施設のスタッフは、プロや高校などのスポーツチームのサポートを担当し、日々の練習や試合の帯同を通して臨床力や人間性を磨いています。臨床実習・現場実習では、スタッフがどのように患者様と向き合い、コミュニケーションをとっているか知りえる絶好の機会です。現場で活躍する「先輩」の後姿を見ながら、信頼を得るための人間性を育むことができます。

臨床施設紹介

附属臨床施設附属接骨院・鍼灸院

附属接骨院・鍼灸院

当院は、専門学校浜松医療学院の附属臨床施設として学校に併設された柔道整復(接骨、整骨)鍼灸(はりきゅう)の施術院です。インフォームドコンセント(患者様との対話)を大切にし、常に安全かつ有効な治療を心掛けています。

施設紹介 鍼灸院・接骨院・コンディショニング外来
施設情報 〒434-0038 静岡県浜松市浜北区貴布祢157-3
電話番号 053-585-2566
FAX番号 053-585-2500

臨床施設スタッフ紹介

附属臨床施設以外でもプロや高校のスポーツチームに帯同して、選手を支えています。

漆畑 育男

附属臨床施設 院長
漆畑 育男
鍼灸師、柔道整復師

サポート先

2012年〜高校サッカー部

静岡県出身
2009年 鍼灸学科卒業
2012年 柔道整復学科卒業
2017年 静岡県西部高校選抜サッカー欧州(イタリア)遠征帯同

鈴木 裕太郎

鈴木 裕太郎
鍼灸師、(公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

サポート先

2016年〜高校サッカー部

静岡県出身
2015年 アスレティックトレーナー学科卒業
2016年 鍼灸学科卒業

坂本 沙織

坂本 沙織
柔道整復師、(公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

サポート先

2016年〜高校卓球部

静岡県出身
2015年 柔道整復学科卒業
2017年 アスレティックトレーナー学科卒業