新着情報

新着情報

鍼灸治療を実践するローマ在住医師中田吉彦氏が 本校の名誉顧問に就任

総合

 

学校法人 森島学園 専門学校浜松医療学院は、平成30年8月7日(火)にイタリア ローマ在住の日本人医師である中田吉彦(なかだよしひこ)氏が同校の名誉顧問に就任したことを発表いたしました。

 

 

中田氏は、1991年よりローマで内科・小児科を開業されており、イタリア在住の日本人、日本人観光客、イタリア人の多くの患者が来院されます。その中には、難病を抱えた方も少なくありません。そのような患者に対して、末梢神経生理機序に基づく鍼灸治療と食事療法による独自の治療法を考案され、現代医学の分野では難病とされる様々な疾患の治療に高い実績を積んでこられました。2018年7月には、専門学校浜松医療学院との提携により、イタリアのボローニャ近隣のサンマリノ共和国にもクリニックを設立され、一層の治療活動に邁進されています。

専門学校浜松医療学院では、中田氏の高度な医療知識と医療技術、鍼灸治療への熱意を同校の生徒に教授いただくため、名誉顧問を委嘱する運びとなりました。今後は、専門学校浜松医療学院での授業、サンマリノ共和国のクリニックでの研修指導を担当いただきます。

  

■中田吉彦氏コメント

 20年来の友人である北川毅副校長から熱心なお誘いをいただき、鍼灸治療と食事療法を取り入れた独自の治療法の後継者を育成したいと思い、名誉顧問をお引き受けすることにいたしました。

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせは、下記までお願い致します。

学校法人 森島学園 専門学校 浜松医療学院 事務局

Tel. 053-585-1333

Fax. 053-585-1661

Eメールアドレス medical@hm.morishima.ac.jp

 

■中田吉彦氏略歴

医師。イタリア・ローマ在住。

1942年東京生まれ。

1969年ローマ美術学院留学。1970年ローマ大医学部入学。85年同学部卒。1986年イタリア医師国家試験に合格。1991年ローマで内科・小児科を開業。2018年専門学校浜松医療学院との提携によりサンマリノ共和国にクリニックを設立。同年8月7日、学校法人森島学園 専門学校浜松医療学院の名誉顧問に就任。

一覧へ戻る

関連情報


一覧へ戻る