ブログ

ブログ

「足裏のツッパリに鍼??」

鍼灸学科

芽吹きの季節、東洋思想では冬に溜めた毒素を外に出す季節

 

 

デトックスっっ!!!!

 

 

今日は、春に起こる疾患に対する治療を紹介します。

 

 

 


心地よい天気で、お出かけしやすくなる季節

 


そんな時に増えてくるのが「足裏の痛み」

 

ランニングしたり、子供の入学式で一日中ヒールを履いたり、そんな方がなるのが、

 

足裏にある腱が痛くなる「足底腱膜炎」っっ!!

 

せっかく、外に出られるのに痛くて出られないなんてもったいない。

 

そこで、今日はその治療についてお話します。

 

 

みなさんは、置きっぱなしの玩具や、文房具を踏みつけたことはありますか?

 

めっっっっちゃ痛いですよね

 

実は、足の裏は、さまざまな危険を察知するため感覚が鋭くなっているといわれています。

 

そこに、鍼を刺しちゃおうってのが今日の治療です。しかも、電気も流しちゃう。

 

痛そうですよね。。。

 

 

痛みを最小限に抑えるコツは1つ

 

 

素早く、思いっきり刺すっっ!!!

 

 

 

 

その時に使う技がアレです。
そうっ!!

デコ

 

 

 

 

ピンっ

 

 

 

 

 

本来は、指の柔らかい部分で刺入をするんですが、今日は敏感な場所に対してなので出来るだけ早く強く打たなくてはいけません。

 

 

そこで、指を弾くスピードと硬く平たい爪を使った「デコピン」が活躍します。

 


学生だって、怖いので、しっかり確認して

 

 

 

 

せーーーーーーっの

 

 

 

 

 

ピンっっ!!!!スッッッ

 

 


「いったーーーーくない」

 

 

 

 

 

無事に成功です。

 

しっかりと指す深さを確認して、電気を流していきます。

 

 

 

 

 

足の痛みが気になる時には、鍼を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

一覧へ戻る

関連ブログ

一覧へ戻る