ブログ

ブログ

先生、災害救助で何かできることないかな?

柔道整復学科

 

日本のみならず、世界中、異常気象により、予測が難しくなりました。不安な気持ちに陥ることがあります。

 

 

また多くの方が被害に遭われ、辛い思いをされ、今も闘われていると思うと、“自分自身で何ができ、行動すべきか”と考えさせられます。

 

本校のある浜北においては風の被害をうけることがあります。

 

 

 

 

 

その中で、“先生、災害救助で何かできることないかな?”と真剣に話されたことが印象的でした。

 

 

“人のために尽くしたい”気持ちをもった学生が育った喜びと

”非常時にも、安全に実力を発揮できる“ことは各々の地区において頼もしいことだと感じます。

 

 

“当たり前ではなく、感謝しなければいけない”と再認識をしました。

 

 

 

柔道整復学科 南沢

一覧へ戻る

関連ブログ

一覧へ戻る