アロマセラピー資格

アロマセラピー資格

HMCで「アロマセラピー」の資格が取得できます

HMCは、全国の鍼灸師・柔道整復師養成学校としては初めての日本アロマコーディネーター協会が正式に認定する「アロマコーディネーター」および「ボディトリートメントセラピスト」資格の認定校です。鍼灸学科・柔道整復学科では、2年次に基礎分野の「健康科学」の科目でアロマセラピーを学習し、学内で実施する講義・実習・経験を経てこの両資格を取得することが可能です。
また、アロマセラピーで取り扱う精油の成分には、体内に取り込まれると様々な器官や私たちの心理状態に作用をもたらすと言われているものもあります。現在では、この精油の作用を応用し、医師や専門家の監督の下、医療、介護、福祉、スポーツ関連など、様々な場面でアロマセラピーは活用されています。

アロマセラピー

「アロマコーディネーター」とは

アロマコーディネーターとは、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる方であることを示す、日本アロマコーディネーター協会(以下JAA)の最もベーシックかつオールマイティなJAA認定資格です。
アロマコーディネーターは、アロマショップやサロンの開業、アロマ関連セミナーの開催など、アロマを広く普及、啓蒙するために、この資格を活用することができ、またJAAより様々な活動支援が受けられます。

「ボディトリートメントセラピスト」とは

自宅サロン開業に必要なボディトリートメントの知識・技術を学ぶ体系です。

特徴と目的
1.オイルを用い、気持ちを込めて優しく触れることで得られる安心感と、ゆったりしたリズムが、自律神経を整え、自然治癒力を高めます。
2.心身両面から、ストレスを取り除き、リラクゼーションへと導きます。
3.傾聴・受容・共感を軸としたカウンセリングで、お客様との信頼関係を築きます。
4.セラピストは正しい基本姿勢・基本動作を身に付けることで、年齢を重ねても長く安全にトリートメントを続けることができます。