• お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • Q&A
  • サイトマップ

専門学校浜松医療学院は、鍼灸師、柔道整復師
アスレティックトレーナー、スポーツトレーナーを養成する学校です。

電話番号:053-585-1333 受付時間:9:00-17:00

資料請求

各種お問合わせ

ホーム > 国際鍼灸レポート ~世界で活躍する鍼灸~

国際鍼灸レポート ~世界で活躍する鍼灸~

国際鍼灸レポート ~世界で活躍する鍼灸~

本校の非常勤講師である伊田屋幸子先生は、モクサアフリカチーム唯一の日本人として世界各国で活躍されています。「Moxafrica(モクサアフリカ)」はアフリカの貧困地域にて結核患者を救うための補助治療として、日本式の直接灸の可能性や潜在的な利点を調査しているチャリティー団体です。
今後は、伊田屋先生に海外での鍼灸事情や最新ニュースなどをレポートしていただきます。

伊田屋 幸子 先生 プロフィール

伊田屋 幸子 さん

伊田屋 幸子

福岡大学の向野義人教授の元でM−Testを習い、2011年、日本国外での最初のインストラクターになる。現在は、アメリカとヨーロッパでM−Test初級を教える。また、オレゴン州のNational College of Natural Medicineの統合医療研究科で公衆衛生の生徒たちにお灸とM−Testを教えている。

伊田屋 幸子 先生による特別講演

本校の鍼灸学科にて、非常勤講師の伊田屋 幸子 先生による特別講演がありました。
伊田屋先生はイギリスにお住まいですが、アメリカ、台湾などでも暮らした経験もあり、ヨーロッパなどを含み世界で活動されています。

英語の発音の基礎や海外の鍼灸事情についてお話ししていただきました。日本人だからって日本にいることだけを考えているのはもったいない!という言葉がとても印象的でした。

また、伊田屋先生が参加するイギリスのチャリティー団体・モクサアフリカの活動についてのお話しもありました。
モクサアフリカはアフリカの結核患者を助けるための補助療法として、日本式の直接灸の可能性や潜在的な利点を調査することを目的として活動されている団体です。
今回の講演では、授業で学ぶことができない貴重なお話しをたくさん聞くことができました!

モクサアフリカについて

モクサアフリカについて

モクサアフリカ(Moxafrica)は、2008年二人の鍼灸師によってイギリスのチャリティー団体として設立されました。目的は、アフリカの貧困地域における結核患者を助けるための補助療法として、日本式の直接灸の可能性や潜在的な利点を調査することです。 伊田屋先生は、モクサアフリカチーム唯一の日本人であり、現在はアメリカ、イギリス、日本などで広報活動に従事されています。